アーク

食べつわり体験談

食べつわりの時の工夫とその結果

time 2017/02/21

妊娠10週目頃からつわりが始まりました。最初は、気持ちが悪く食べられない普通のつわりだったのですが、段々と空腹を感じると気持ちが悪くなってしまうようになり、常に何か食べたいという食べつわりの症状が出てきました。

空腹になると気持ちが悪くなるので、ちょこちょこと小分けに食べるようにしていました。仕事をしていたので、会社には、一口サイズのおにぎりを持っていき机で食べていました。

また、おしゃぶり昆布や茎わかめ、真空パックの甘栗、一口ゼリーなどのオヤツを常に持っていました。食べつわりの症状が出てきたら、こっそり口にしていました。

栄養面も気にしていたので、カルシウム+鉄のウエハースや葉酸入りの飴、小魚アーモンドなどもよく食べました。

コンビニで買えるミニトマトやカットフルーツなどは食べつわりで気持ちが悪くてもさっぱりと食べやすかったし、身体にも悪くないと思えたので、食べやすかったです。

プルーンなどのドライフルーツや干し芋も食べていたのですが、体重の増加の注意を受けてしまったので、途中で止め、上記のようなカロリーが低いものに変えました。食べつわりだと、食べたい欲求と体重増加との戦いなので、何とかローカロリーのもので小分けにしてちょこちょこ食べる、1日の食事+間食のカロリーを考えて、一度に沢山食べない、などの食べ方の工夫が必要かと思いました。

食べつわりは、妊娠6ヶ月頃まで続きましたが、段々とおさまってきました。とはいえ、妊娠中はお腹が空きがちだったし、栄養面も気になったので、臨月まで間食は工夫して摂るようにしていました。最終的に体重は、+12キロまで増えましたが、妊娠当初、医師から言われていた+9キロ〜12キロの範囲内には、何とかギリギリおさまりました。

食べつわりがありながら、体重増加を気にするのは大変ですが、上記のような間食と食事のコントロールに気をつけていました。また、妊娠9ヶ月まで働いていたので、毎日の通勤などで歩く範囲を増やしたり、階段を使ってみたりして、1日10,000歩を目標に歩くようにしていました。安定期からは、自宅でDVDを観ながら、マタニティヨガを週に2回位やっていました。そのおかげか、産後の体力の戻りも早かったような気がします。妊娠中は疲れやすいので、無理はせず、いつもよりちょっと多めに歩く、など少しの心がけでよいと思います。

出産後は、初めの3ヶ月はなかなか体重が落ちませんでしたが、産後半年で元の体重に戻りました。母乳でしたので、その後も少し減って、産後一年で職場復帰した時には、妊娠前から2キロ減でした。母乳だと沢山食べていても体重は増えず少し気をつけるだけで、簡単に痩せられたので良かったです。

出産は、陣痛から5時間の超安産、子供は3300g越えで元気でした。食べつわりとたたかって、体重増加を抑えたこと、栄養面も気にしていたこと、適度に運動したことが良かったのかな、と思います。

妊娠中は、色々と不安や我慢が出てきて本当に大変ですが、自分をコントロールするというその経験も今育児に役立っていると感じます。

自分の子どもは、本当に格別に可愛いので、赤ちゃんに会える日を楽しみに、食べつわりに打ち勝ってください。