アーク

食べつわり体験談

炭酸飲料と梅干しで食べつわりを乗り越えた!

time 2017/02/21

妊娠による食べつわりは、妊娠6週の頃から早々に始まりました。とにかく何か口にして食べておかないと気持ち悪くて仕方ありませんでした。食べつわりは16週まで続きました。空腹感を感じるともうダメで、すぐに気持ち悪くなり、それこそ口の中に唾液も増え、まさにつわりで吐きそうになったことも多々ありました。

そんな食べつわりの症状を少しでも和らげるよう、常に持ち歩き、家に常備していたものが炭酸飲料と梅干しです。炭酸飲料を飲むことで胸のムカムカした感じがスーッと消えて少しラクになるので、いつも気持ち悪くなったら飲むようにしていました。また、ご飯の炊ける匂いがすごく気持ち悪くなり、そういう時に限って空腹感のある時だったので、梅干しも欠かせませんでした。

1人目の妊娠時は、臨月に至る時にはすでにプラス10キロとなり、58キロまで増えました。先生からは12キロ以上体重が増えてしまうと、こちらの病院ではお引き受けできませんので、他の総合病院での出産をご紹介しますのでと言われていたくらいだったので、内心ヒヤヒヤしていました。あと数週間で出産予定日にこぎつける状態だったので、私は何とかセーフの位置にいれたのかなと今、思います。

体重は妊娠後期にどんどん増えると周りのママから聞いていたので、つわりで食べれなかった分の反動が怖かったものの、できるだけ野菜中心の食事を心掛け、炭水化物すぎる食事は避けるようにしました。例えばうどんとおにぎりといったパターンは体重増加に1番つながりやすい食べ方です。

運動は特にこれをしないといけないということはなく、お腹の張りもあることも多かったので、体調良く、お腹もとても柔らかく気分の優れている時は、ゆっくりと30分ほど歩いてお散歩する程度でした。

さすがに妊娠後期となれば動くのも辛くなって、妊娠初期や中期の頃と同じ動きは厳しく、それでも週に2〜3回は歩くようにしていました。特に週末は主人の仕事がお休みなので、一緒に軽くウォーキングといった感じでした。

出産後は、見事母乳育児を徹したお陰で、産後1ヶ月にして元の体重に戻りました。母乳の出も良く、赤ちゃんもすごくよく飲んでくれる子だったからかもしれません。

これから出産を控えておられる妊婦の方は、初めての出産にとても不安もたくさんあると思います。でも、人間は不思議とどこからかパワーが出てくるのか、母になる心の準備も、お腹の赤ちゃんがしてくれるかのようにも感じます。

つわりで辛い時期を乗り越え、自身の体調管理をしっかりと行い、元気な赤ちゃんに会える日を楽しみに妊婦生活を楽しんで下さいね。