アーク

食べつわり体験談

食べつわりと出産前後の体験談

time 2017/02/21

私が子供を妊娠していた時に食べつわりが起こったのは、妊娠12週くらいまででした。私は特に気分が悪くなってしまうというつわり症状などは一切なく、食べても食べてもお腹がすいてしまうという食べつわりでした。

気持ち悪さはなかったですが、ついつい食べすぎてしまって体重増加が気になったりもしていました。食べつわりがおこり、限度がわからず食べすぎてしまうので私は主にフルーツをたくさん食べていました。フルーツでしたらあっさりしていますし、みずみずしさもあるので水分も一緒にとれて気持ち悪さもでてきませんでした。

お腹がすくとフルーツを中心に食べていたため大幅な体重増加はなく、プラス9キロほどでした。フルーツに変更するだけでここまでの体重制限ができるので体に良いものをたくさん摂取することはいいことなんだと改めて気づけました。

そして妊娠しているからといって、これ以上体重は増やせないので運動も適度に体に負担がでない程度にしていました。私の場合は臨月までウォーキングをしていました。ウォーキングといいますか近所にお散歩感覚で歩いていたので気分転換にもなりますし、お腹の子にも話しかけながら散歩をしていたので自分自身の体調などもすごくよかったです。

妊娠中しんどいからといってずっと家の中にいると気持ちも沈んできたりしますので少しでも外に出て気分転換をすることはとても必要だと思います。

そして出産後の体重変化はというと、出産をして3日でマイナス7キロ減り元の体重までマイナス2キロでした。出産をして骨盤が開いているため脂肪が多く痩せにくい体になっているため出産後はすぐに骨盤ベルトを装着し骨盤をしめました。はじめは激痛などがはしって骨盤は痛いのはもちろん、腰もすごく痛みを感じましたが骨盤が正しい位置に戻っていくと同時に痛さもなくなり体重も順調に戻ることができました。

出産をするということは簡単なことではなく1つの命が生まれるので、お母さんにとって命懸けな作業になります。出産が痛そうとか、産後太りが気になるなど人それぞれ不安はあると思います。もちろん出産は痛いです。人生で感じたことのない痛みです。

ですが、それを乗り越えることによって可愛い我が子に出会えることができます。我が子に出会ったときは、もう表現できないくらいの可愛さと感動です。そしてお母さん自身も強くなれます。母親は一番強いです。なので、リラックスをしていれば大丈夫です。